節分の豆まきについて

豆というのは
「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰で
語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を
鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ
節分という年の節目に
鬼に豆をぶつけることにより、
邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。

2021年(令和3年)の節分、恵方の方角について

2021年(令和3年)の節分は2/2で
2021年(令和3年)の恵方は
南南東です。

恵方とは
もともと
陰陽道でその年の福徳を司る歳神(としがみ)様
つまりは
歳徳神(としとくじん)様がいらっしゃる方位となります。

ちなみに
今年は節分が2/2となることで
立春にあたる2/3となります。

立春というのは
風水でいうところの
一年の始まりです。

できれば
2/2の節分に
しっかりと邪気を払い
2/3の立春に
恵方参りをして
新しい年を迎える気持ちを整えると
より効果的に開運することができます。

恵方参りとは
自宅から
2021年(令和3年)の恵方は
南南東にある神社やお寺をお参りすることです。

ぜひこの機会に
参拝されてみてください。

2021年(令和3年)の開運恵方巻きについて

節分に豆まきをするのは
節目に邪気を払い
健康に一年を過ごすという意味があります。

なので
豆まきをした後に
恵方巻を食べたほうが
効果的に運気を取り入れることができます。

恵方巻きとは
恵方に向かって
願いを思い浮かべながら
無言で海苔巻きを食べる風習です。

2021年(令和3年)は
六白金星にあたりますので
金の年となります。

2021年(令和3年)
開運恵方巻の具材は

かんぴょう
エビ天などてんぷらがおすすめです。

変わり種で
豚肉やソーセージ
キムチなどもいいでしょう。

特に
今年の運気を上げるためには
恵方巻でなく
ほかのものを食べるなら
「いなりずし」がおすすめです。

今年の
恵方巻の願い事は
安心して
暮らしているイメージをもって
必ず前向きなものにすると
引き寄せやすくなります。