2022年2月の吉日カレンダー「2/1水瓶座の新月旧正月さらに魔女の祭りで魔法のトリプルラッキーデー」

2/1は
14:46に「水瓶座の新月」となります。
さらには
旧正月
そして
魔女の祭り「イモーク」で
なんと
トリプルラッキーデーとなります!

風水的には
2/4の立春から
新年のスタートとなりますが
今年は
2/1には
新年らしい
スタートの運気が
盛り上がっています。

この日は
2022年の一年を
どのように過ごしたらいいか?を
計画したり
青写真を作るといいときになります。

特に
一年後は
どうなっていたいのかを
イメージして過ごすといいですね。

2/1水瓶座の新月の意味とイモークについて

この日は
すごくエネルギーの切り替わりが大きいので
ちょっと深掘りしてお伝えしますね。

この新月は
サビアンでいうところの
水瓶座13度 バロメーター。

水瓶座の切れる頭脳と感覚を存分に生かし
世の中の流れを読み取り
物事の基準を指し示すといえます。

魔女の祭り「イモーク」で
火の女神ブリジットが帰還する日で
12/21の冬至に目覚めた”男神”を
サポートし
春の繁栄を祝う日です。

このタイミングに
二つが重なるということは
目覚めた”男性性”を刺激して
ものさしを作って
この世に新たなる流れを作るのです。

この日が
なんというか
エポックメーキングとなる気がしますねー。

このホロスコープでは
男性性を表す火星
女性性を表す金星が
6ハウス山羊座で
ベスタを挟んで
コンジャンクションし
ASCのリリスとオポジションとなっています。

世界の緊張状態(経済なんかとくに!)を
如実に表していて
いつどんなことがあってもおかしくない感じですね。

この時期は
ぎゅっと
山羊座に天体が集中していて
世界の社会性がちょっと混乱するときです。

社会性をあらわす
土星は水瓶座になるので
すごく切れる感じですね。

切れすぎるが故に
まだまだ形になるには
早すぎる感じです。

とくに
金星はリリスとオポジション
月と太陽も天王星とスクエアとなっていて
心理的、精神的な改革を
促されている感じですね。

火の女神ブリジットは
ホロスコープの小惑星で当てはめれば
セレスやベスタに近いわけで
ドラゴンヘッドとコンジャンクションしているセレスや
トラインを組んでいる冥王星と水星をみても
変化をあおられている状況が目に浮かびます。

イメージ的には
日本しかりで
男性が表に立っている
その裏で
社会を回すべく
女性が自己犠牲を問わずに
すべてとり仕切って動かしている感じが
とっても表れています。

そういえば
1/24には
ニュージーランドのアーダーン首相も
感染拡大で結婚式を取りやめたとか。

彼女のこのことなんかは
すごく最近のホロスコープの状態を示していますね・・・。

2/1の開運風水

2/1までには
必ず身の回りを整理整頓してくださいね。

しっかりとした浄化をすることで
新しいエネルギーが回っていきます。

この日は
玄関の掃除をしてから
午前中には
ノートや手帳に
自分の目標や
こうなりたい
こうなったらいいなを
イメージして
私は一年後には○○となっています。
そうなりました!
と宣言するように書くことで
引き寄せがおきますよ。

最新情報をチェックしよう!